本文へスキップ

学生ローンの信用情報について

個人信用情報について解説します。

個人信用情報について

  • ■個人信用情報とは
    借り入れの残高や支払い状況、遅延などの事故情報、また、個人の氏名・生年月日・住所などをデータベース化し、信用情報機関が管理・運営をするものです。
    貸金業者は過剰貸付防止・健全な営業を目的とし、この信用情報機関の利用が義務付けられております。
    つまり、借り入れの申し込み者が、何件でいくら位の借り入れがあるかを把握することによって、多重債務の防止に役立しているのです。

    ■俗に言う「ブラックリスト」は、実際には存在しません。
     あくまでも客観的事実に基づいた遅延情報等が登録されるのです。
     信用情報機関は、作為的・意図的にこれらの情報を操作することはありません。

    ■就職等への影響は・・
    就職などを控えている方が心配する事案だと思いますが、信用情報機関の利用は、貸金業者が貸付の与信判断のみに使用することが許されているのであって、それ以外の目的で情報の取得をすることを、法律で固く禁止されております。仮に就職試験等で不合格だった場合、これらの疑念がある場合は、その会社が個人信用情報を取得したかどうかを調べることができます。
    「開示請求」を信用情報機関に請求すれば、どこから照会があったか開示してくれますので、納得いかない場合は請求すると良いと思います。照会の形跡がなければ、別の理由だったということになります。
    また、信用情報を照会するには、貸金業者が専用の端末を使用する必要があります。
    就職先が貸金業者や金融機関でなければ、まったく心配はいりません。
    (照会のしようがないので)

    ■遅延情報の登録期間
    遅延が解消してから1年間です。
    もし該当する場合は、将来車のローンや住宅ローンなどへの影響も懸念されますので、至急完済し、遅延情報の削除を早めるようにした方が良いでしょう。