本文へスキップ

学生ローンの申し込みと審査

学生ローンの審査基準について解説します

学生ローンの申し込みと審査基準について

  • 店頭で直接申し込む場合は、手続きは簡単ですので省略致します。
    インターネットでの申し込み手順をご紹介致します。

学生ローンを利用できる方

  •  ◎大学生 ◎短大生 ◎専門学校生 ◎予備校生
     年齢 18才〜26才くらいまで
  • □必要書類
     ◎学生証 ◎免許証又は保険証又は住民票 △キャッシュカード
    □必要書類の送り方
    FAXかメール添付で送ります。
    携帯電話で写真を撮って、写メールで送信します。

    □写メールのポイント
    ハッキリと見えるように、以下の点に注意します。
    ・学生証や免許証は横長ですので、携帯電話も横向きにして写真を撮って下さい。
    ・画像をなるべく大きく盗るように、携帯の画面の枠を目いっぱいに使って、無駄な余白がでないように撮ります。
    ・保険証が紙の場合、サイズがカード型と比べて大きいので、片面ずつ分割して撮ります。
    ・接写モード、オートフォーカス等の機能を使い、ピントのズレに注意します。
    ・メール送信後、学生ローン会社に確認の連絡を入れます。
    ・審査終了後、融資可能範囲内で融資が実行されます。

    審査について

    • 融資の審査は様々ですが、公表できる範囲内で参考までにお知らせ致します。
      ・アルバイトの収入、継続期間
      ・小遣い、仕送りの有無
      ・使用目的
      ・他社での借り入れ件数と総借り入れ金額
      ・他社の返済状況
      ※他社の返済状況は、学生ローンなどの消費者金融会社は「日本信用情報機構」という信用情報機関を利用します。これは貸金業法の改正により、与信枠を増額する際や新規貸し付けをする際に利用することが法律で義務付けられるようになりました。
      この信用情報機関を利用することによって、他社の返済状況等も容易にわかってしうわけです。
      ただし、他社で借りているからといって悲観する必要はありません。
      借り入れ金額が多ければ別ですが、他社の返済状況がわかるということは、今までまじめに返済をしていたのであれば、その他社の返済実績も評価されます。
      しかし、総量規制を超える融資や、返済能力を超える借り入れはできませんので、借り入れはあくまでも慎重に。